開業支援サービス残り1名詳細を確認

風俗系求人ポータルサイトの闇 悪質な料金や杜撰な管理の実態

こんにちは。メタニキです。

今回は、女の子に対して求人を出すために利用する求人ポータルサイトの闇について触れていこうと思います。

とにかくポータルサイトに求人広告を出せば、人は集まるよね?

そう思ってる方が多いと思います。

残念ながら、ポータルサイトに求人広告を出したからといってそう簡単に人は集まりません。

実際に私も、女の子を集めるために、複数のポータルサイトに求人広告を出してみました。

しかし、料金に見合った結果は全く出ませんでした。

おそらく多くの経営者の悩みの点であるとは思いますが、案外ここに触れている情報がほとんど見つからなかったため私の経験をもとにして踏み込んでいこうと思います。

最後には、優良のポータルサイトの特徴なども挙げていくので、これからメンズエステの経営を始めようとする方はぜひ参考にしてみてください。

こんな方にお勧め
  • 求人サイトの実態を知りたい
  • 求人広告をこれから出そうと思っている
  • 良い求人サイトの特徴を知りたい
目次

雑な料金体系

悪質なポータルサイトの一番の特徴は、なんと言っても料金体系でしょう、

正しい料金設定をするのであれば、全国47都道府県ごとに料金を変えるべきです。

なぜかというと、

都道府県ごとに人口が全く違うからです

東京が当然一番多いのですが、同じ関東でも、埼玉や千葉となると一気に人口が減り、応募者も減ります。

しかし、悪質なポータルサイトでは東京の値段に合わせて料金体系が一つしかなことがほとんどです。

これでは人の少ない地方都市でメンズエステを経営する方にとっては、高すぎる料金を払うことになります。

私が以前に千葉県のとある場所でポータルサイトを使って求人を出したところ、ほとんど応募は来ませんでした。

ためにし、東京都でも千葉県境にある小岩のエリアで求人を出すと、かなりの数の応募が来ました。

千葉県と東京都では、働きたい人の人数が違うため応募の差があるのは仕方のないことです。

しかし、これで同じ値段設定ではおかしいですよね?

メンズエステの場合、マンションなどで開業する方も多いので地方都市の中でも、中心街から離れてお店を構えることもあるでしょう。

そうなった場合でも東京と同じ料金設定では、払うのが馬鹿馬鹿しいですよね?

多くの悪質ポータルサイトでは地域ごとに料金を細分化していません。

おそらくこのサイトを見てくれてる方の多くは、東京以外の地方都市でのメンズエステ開業を目指しているでしょう。

そのような場合は、安易に「必要経費だから」と言って闇雲にポータルサイトに料金を払って広告を出すのはやめましょう。

応募の敷居が低いため質の低い応募者が多い

次にあげる特徴は、ポータルサイトへのずさんな登録システムです。

通常の求人サイトであれば、応募者の身元を明らかにするために身分証などの登録があります。

そうすることで、応募者の最低限の情報はわかりますし、応募者側も自分の情報を登録することで仕事へ応募する際も責任を持った行動をします。

求人を出す側もある程度の審査があり、それが認められてはじめて求人を出せるようになります。

このような仕組みであれば、応募する側とされる側の質がある程度保たれてスムーズにマッチングが行われるはずです。

しかし、悪質なポータルサイトでは、求人を掲載する側には審査はあるものの応募者の登録が必須でなはいことが非常に多いです。

応募者の登録が必要ではないということは、いろいろな弊害が起きてしまします。

  • 未成年が応募してくることがある
  • 働く気もないのに、応募してきて結局働かない
  • 最初は働く気があっても、身元がバレてないため簡単にバックれる
  • 同業者からの嫌がらせや営業妨害もできてしまう

未成年の応募問題

上記の中で、一番の問題は未成年が応募してくることでしょう。

もし万が一未成年が応募してきてそのまま働いてしまうと営業停止にもつながる大きな問題に発展します。

身分証などを偽造してくる人もいるため、未成年かどうかは絶対に判別しないといけません。

最低限、求人サイト側でフィルターをかけるべきだと思います。

応募者の質が低い問題

応募者の登録がないことにより、確実に応募者の質は下がります。

働く気もないのになんとかく求人サイトを除いて、メールやLINEで問い合わせをしてきて詳細を伺ってくる人もかなり多いです。

応募された方としては、採用のためになんとか面接などの約束まで取りたいところですが、そもそも働く気のない応募者は約束だけして平気でバックれます。

また、最初は本当に働く気があっても同時に複数の応募をしていて、別のお店が決まると連絡もなしに面接の約束などを反故にしてきます。

ネットの掲示板と同じで、身元がバレてない人間は本当に無責任に行動や発言をします。

なので、バックレ対策も必須になるのです。

あわせて読みたい
メンエス営業中の同業者からの嫌がらせ対策7選+事例 こんにちは。メタニキです。 今回は、メンズエステ営業中に起こり得る、同業者からの嫌がらせ対策について解説します。 表には出されませんが、どの業界にも同業者から...

同業者の嫌がらせ問題

そのほかにも、サイトの登録を必要としないことで同業者が応募者を騙って応募してくるということもあります。

適当に問い合わせや面接の予約をしてきて人員を割かせる営業妨害です。

これらの対策をするには、応募する側のポータルサイトへの登録しかありません。

身分証を提出させて、身元を明らかにした上で問題がなければ求人に応募する資格を与え、未成年や不良登録者などはリストなどを作って応募の資格は剥奪させる必要があります。

面接の時にも、採用にあたって色々チェックはしますが、そもそも働く気がない人や未成年などの採用条件に入ってない人は事前に精査したいですよね?

ポータルサイト側も、登録制のシステムの導入などが手間だったり費用もかかったりなどの理由でおこなっていないのでしょうが求人する側の立場に立ったサービスであればこれは絶対に必要です。

このようなサービスがない時点で悪質サイトと言っていいでしょう。

あわせて読みたい
メンエス営業中の同業者からの嫌がらせ対策7選+事例 こんにちは。メタニキです。 今回は、メンズエステ営業中に起こり得る、同業者からの嫌がらせ対策について解説します。 表には出されませんが、どの業界にも同業者から...

ポータルサイト運営同士の嫌がらせやも横行

これは案外知られてないかもしれませんが、ポータルサイト同士の嫌がらせも結構あります。

具体的に説明すると、他のサイトの評判を下げるために複数の空応募をしてきて求人する側を困らせるという方法です。

求人する側としては、空応募が続くようであればそのポータルサイトへの求人掲載の停止を検討しますよね?

ポータルサイト同士の争いに、私たちが巻き込まれるのはとても理不尽ですし安心してそのサイトのサービスを利用できません。

これも、応募者側の登録を義務付ければ防げます。

サイト自体が怠慢のために、このような行為が横行している部分もあるので自業自得の部分ではありますが、利用者のことを一番に考えていない時点でサービスの質が低いと言えます。

通報システムなどの管理ができていない

次にあげるのが、通報システムの有効性です。

今まで解説してきたような、悪質なユーザーが一定数存在していますが、通報機能がしっかり機能していればかなり防げます。

しかし、悪質なポータルサイトでは通報機能がないところも多く、あったとしても通報に対して何も対処しないところばかりです。

私が以前に登録していたサイトでは、通報システムがあり、バックれた応募者などを何度も通報したことがありました。

しかし、特に対処してくれた形跡はなく、同じ人から改めて応募がきたことも何度かあります。

通報された人は、半年間や一年間のサイト利用禁止や永久バンなどの処分があれば、サイト利用者の質も上がってくるはずです。

形だけの通報システムでは意味がないですし、そもそも通報システムや監視がないサイトは論外ですね。

バックレや連絡なし応募者の対策がない

応募者のバックれや連絡が取れないことに対しての対策がないことも悪質なサイトの特徴です。

料金をとって求人情報を載せるのであれば、しっかりと採用までをサポートするのがポータルサイトの責任です。

実際に女の子が面接をバックれたり、急に連絡が取れなくなりで人員を無駄にとられることはお店にとって大きな被害です。

ポータルサイトの運営側が、しっかりと応募者の後追いをしてくれれば無責任な行動は減らせるはずです。

バックれたり連絡が取れない利用者に罰則などがあれば、応募する側も安心して求人を出せます。

そもそも求人サイトを運営しているなら、応募後に採用に至ったかどうかは把握しておくべきですよね?

ただ、求人を載せて応募機能をつけただけではサービスとは呼べませんよね。

掲載基準や掲載順位のルールが不透明

ここは応募する側の私たちにとって非常に重要なところです。

悪質なポータルサイトは、求人広告の掲載順位の基準が全くわかりません。

中には、掲載料の高さで順位を決めているところもありますが、ほとんどはそうではありません。

求人サイトも、GoogleやYahooの検索サイトと同じで、やはり検索した時に上位に上がってくれば応募率が高くなります。

ほとんどの応募者は上から順に、条件のあったところに応募していきます。

そのため、掲載するこちらとしては少しでも上位に掲載されたいところです。

しかし、そこの基準が曖昧だと掲載する私たちにとっては応募者を計算できないため死活問題です。

予算を割いてでも掲載を上にしたい人、掲載順は低くても予算を抑えたい人、などさまざまなニーズがあると思うのでここはしっかりと基準を公開してほしいものです。

求人の有無や採用率などに関与してこないため無責任

前述の通り、悪質なポータルサイトは求人掲載後や応募後に後追いをしません。

無責任な運営は、掲載料だけを確保できればいいため、求人の掲載を促すことはあってもその後に応募がどれくらい来たのかや採用率などをチェックしません。

私たちの目的は、質の良い女の子を集めることで目的であって、求人を掲載することが目的ではありません。

本来であれば、ポータルサイト側も求人掲載を集めるために応募や採用のサポートもするべきです。

いい求人掲載が沢山あって、質の良い女の子が応募して仕事が見つかれば、全員がWIn-Winになります。

しかしそこを怠ってる悪質サイトが多すぎます。

ポータルサイトに登録する前には、「応募多数」「採用率〇〇%」みたいに謳っているところもありますが安易に信用しない方が良いでしょう。

応募者の登録が必要なサイトでも、登録者数を水増ししている場合もあるので注意です。

優良なポータルサイトの条件

ここまでは悪質なポータルサイトの特徴を挙げてきましたが、では実際に優良なポータルサイトはどのようなサイトかも見ていきましょう。

主に下記に注力しているところが、優良なサイトの可能性が高いです。

  • 料金が明確で、地域やサービス内容でしっかり差別化されている
  • 応募者側にも登録制や身分証を提出の義務を課して質を上げている
  • 通報システムなのどサイト内管理がしっかりできている
  • 求人掲載だけではなくて、その後の採用までサポートをしている
  • マッチング率などで変動する成果報酬制度を採用している

今回の記事で挙げた悪質なポータルサイトの特徴を潰していけば、自ずと優良サービスの提供につながると思います。

そして何より健全な仕組みとしては、「成果報酬型」でしょう。

単純に、採用まで至ったら料金が発生して、採用までいかなければ料金が発生しないという流れです。

私たちが求人を出して、そこに応募しているかどうかは様々な要素が絡んできます。

もちろん私たちが出す求人条件によっても変わってきますが、ポータルサイト内でどのように求人広告が目について、どのような質の女の子が応募してくるかによっても大きく採用率は変わってきます。

求人広告を掲載する私たちとしては、サイト内で人材を確保できれば多少の費用は払っても問題ないですよね?

逆に、掲載料を払っても応募すら来なければ料金を払った意味がありません。

それを解消するのが「成果報酬型」です。

成果報酬型を取り入れていれば、ポータルサイトの運営側も採用までをしっかりサポートして成果報酬が発生するように動いてくれるはずです。

そうなれば、求人を出している私たちにもプラスになるので信頼できます。

なかなかそのような優良なポータルサイトは見当たりませんが、もし求人広告を出すことを検討しているのであれば今回の記事を参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
メンエス求人広告の効果計測レポート【16万円分】をお渡しします※社外秘 こんにちは。メタニキです。 この記事では、16万円分のメンズエステ求人広告の効果計測レポートを大公開します。 こんなことをしている人は、他にはいません。 なぜなら...

公式LINE登録で無料特典プレゼント中

  • 業務委託契約書500円割引
  • 備品消耗品チェックリスト
  • 摘発対策マニュアル無料版
  • お茶引き対策マニュアル無料版
  • セラピスト業務マニュアル
  • 予約管理表
  • 顧客管理シート
よかったらシェアしてね!
目次